スマートリペアTOP > 自動車板金・修理特集

自動車板金塗装・修理に関する特集

自動車板金塗装・修理に関する特集ページです。 日本の自動車の保有台数は約8,000万台と言われ、毎年数十万台の車が事故を起こしているといわれています。 小さな自損事故は含めるともっと多くの事故が行っていると思います。そんな時に必要となるのが自動車の板金塗装や修理。日々日ごろから板金塗装や修理に関する情報を入手している方は少ないはず。 そんな方のために、自動車の板金塗装や修理の情報を簡単に入手し、そしてベストな判断ができるよう手助けするためのお役立ちコンテンツです。

板金修理イメージ画像

特集一覧

事故の修理や、車のリメイク等でお世話になる板金塗装工場。板金塗装工場で行われているのは、修理やリメイクだけではありません。車検や車検整備で板金塗装工場にお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

もっと詳しく

板金塗装を行う際、様々な道具を使用します。用途によって道具を変えたり、同じ道具でもサイズを変えて使用したり、自動車整備工場にある道具は多岐に渡ります。中でもよく使用する道具を見ていきましょう。

もっと詳しく

現在主流となっているガソリン自動車が誕生したのは1885~1886年、その頃日本は明治時代でした。戦後、欧米の影響を受け自動車の普及に努めた日本。そんな自動車を修理する板金業界に目を向けられたのは、東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)のことでした。

もっと詳しく

異常気象の昨今、大雨や洪水により愛車が水害に遭ってしまう可能性があるかもしれません。水害に遭った車を、「水没車」または「水害車」と呼びます。「水没車」や「水害車」の修理は、事故に遭った車とは大きく異なります。

もっと詳しく

輸入車の修理をディーラーに依頼すると、「専門業者じゃないと修理できません」と言われることがあり、修理に高額な費用がかかってしまうことがあるようです。国産車と輸入車では、修理に違いが生じるのでしょうか。

もっと詳しく