スマートリペアTOP自動車板金・修理特集タイプ別板金・修理の進め方> 放置すると広がってしまう自動車のサビ
放置すると広がってしまう自動車のサビ

放置すると広がってしまう自動車のサビ

2015/11/11

自動車は鉄でできており、鉄でできているものはすべてサビができる可能性があります。自動車のボディーは塗装や防錆処理を施してあるので簡単にはサビませんが、湿気の多い場所で保管したり、塗装が剥がれた状態のままにしておくとすぐにサビてしまいます。日常的に洗車とワックスを怠らなければ、基本的に自動車にサビができることはありません。ですが自動車のサビは自動車の下回りでできてしまうことが多く、雪道や海辺を走行した場合は要注意です。自動車の下回りのサビは気づきにくいことが多く、サビが広がってしまうと故障の原因にもなることがあります。ちょっとのサビでも、気づき次第広がりを抑える為に板金塗装で修理しておいたほうが良いでしょう。

板金塗装でサビ修理

サビは小さくても放置するとどんどん広がってしまうので、早目に修理することが大切です。小さい内に修理したほうが費用も安く抑えることができます。サビを修理する際は、今後その自動車にどれくらい乗るのかを板金塗装工場で相談することをおすすめします。長く乗るならしっかり修理してもらいましょう。そこまで長く乗るつもりはないがちょっと目立たなくしたいといった場合には、費用を抑えた簡単な修理で済む場合もあります。たかがサビだと思わずに、しっかり相談して板金塗装工場で最善の修理を施してもらいましょう。

サビが進行すると・・・

サビが広がると見た目が美しくないのは明らかです。このサビがさらに進行すると、腐食してしまうことがあります。腐食は文字通り、鉄が腐った状態です。いくら鉄でも腐食すると穴が開いてしまいます。腐食しても板金塗装で修理することは可能ですが、場合によっては部品を交換する必要もあり、費用も高くなってきます。綺麗に修理してもらえることは間違いないですが、腐食する前に修理を依頼するのがベストです。また、サビができやすいのは自動車の下回りだけでなく、車体のつなぎ目も比較的できやすいので要注意です。下回りはあまり目にすることはありませんが、車体のつなぎ目であれば目にもつきやすいと思うので、日頃から車体をしっかりチェックすることを心がけましょう。

中古車購入時にはサビに注意!

中古車購入時、安いと思い値段だけを見て衝動買いする人がいます。サビがある中古車は相場より安いです。中古車の販売ルールでも、“中古車店がサビをチェックして、発生している部分について示す”とされており、お客さんが何も聞いてこなければ店側からわざわざここにサビがありますと言ってくれることは少ないです。中古車購入時、「サビ有り」となっている場合は、どこにどんなサビがあるのかしっかり聞きましょう。店側がチェックを見落としている場合もあるので、他にもサビがないかしっかり確認することも大切です。

応急処置はできる?

小さなサビであれば、タッチペンで応急処置を行うことができます。サビはとにかく早く補修したほうが広がりを防ぐことができます。ですが誤った応急処置をしてしまう人も多いです。応急処置をしたので安心してしまい、内部でサビが広がって結局板金塗装での修理が必要となってしまった・・ということがよくあります。小さなサビだとあなどらずに、正しい応急処置をしましょう。

関連トピックス