車検も板金塗装工場で

車検も板金塗装工場で

2016/3/24

全国各地にある板金塗装工場では、車両の修理やリメイクだけでなく、車検や車検整備を行っているところがほとんどです。国土交通省指定整備工場であれば、車検を一日で終わらせてくれるところもあります。一般的にユーザー車検と呼ばれる自ら車検を受けに行くのは時間も手間もかかる為、費用をかけてでもディーラー等に代行を依頼している人が多いかと思います。中古車を購入すると「車検付き」や「車検整備付き」というものも多くあります。車に乗る以上、車検は必ずクリアしなければいけません。

そもそも車検って?

車検とは、簡潔にいうと「道路運送車両法」で定められている「保安基準」に適合しているかどうかの車両検査です。法が改正され、今では車検前に整備が行われていなくても車検を受けることが可能になっていますが、検査時点で車両の状態が保安基準に適合していなければ結局整備が必要です。整備を行わず車検を受ければ整備費用を浮かすことができますが、法改正後、車検後に整備を依頼してくるユーザーが多くなりました。そうなるとまた時間も手間もかかってしまう為、整備を行ってから車検を受けるのが無難です。

「車検付き」と「車検整備付き」の違い

中古車を購入した際、「車検付き」と「車検整備付き」という似たようなオプションが付いてくることが多いです。かなり似たようなニュアンスですが、「車検付き」と「車検整備付き」では大きく違う場合があるので注意が必要です。整備士によると、「車検付き」であれば整備も含めすべて込みといった場合が多いとのことです。「車検整備付き」となると、「車検付き」と同じであったり、整備・修理費用は無料であるが検査費用は別途かかったり、点検は無料であるが修理が必要な場合は費用が別途かかったり・・と様々です。中古車購入時、「車検整備付き」である場合はどういった内容なのか、必ず確認しましょう。

車検代行によるトラブル

費用を安く抑えようと思って自ら点検・整備し車検を受けても、よほど知識がなければ細かい点検や整備はできないので車検に通ることは難しいです。その為代行で車検をお願いする人が多くいますが、代行に依頼してもトラブルが生じることがあります。「整備の必要がない箇所を修理され費用を多くとられた」等、ユーザーには分からない過度の整備・修理を行われ高額な費用を請求されるといったトラブルが多くあります。ユーザーは専門知識を持っていないことがほとんどの為、気づかない・泣き寝入りといったケースばかりです。また、整備付きで車検の代行を依頼したのに、車検はクリアしてもそのすぐ後に不備が生じたといったトラブルも多くあります。これは車検後に不備が生じるよう車両に細工された可能性があり、悪質な場合があります。代行を依頼してトラブルが起きてしまえば、自分で車検を受けに行くよりも費用や手間がさらにかかってしまいます。安心できる業者や工場を根気良く探すことが大切です。

関連トピックス