板金塗装のトラブルについて考える

板金塗装のトラブルについて考える

2015/10/05

板金塗装のトラブルといえば、
・高い修理費用を払ったのに、満足のいく修理を行ってもらえなかった
・費用に関しては納得しているが、満足のいく修理を行ってもらえなかった
・満足のいく修理だったが、修理費用が高すぎる
といったことが挙げられます。職人さんの技術によって仕上がりに差が出る板金塗装。トラブルに関しては、これらが圧倒的に多い結果となっています。

ケース1 ― 高い修理費用を払ったのに、満足のいく修理を行ってもらえなかった

工場によって板金塗装の修理費用は異なります。職人さんの技術が工場によって異なり、車体の傷の度合いに関しても同じ状態というのは存在しないので、どこの工場へ行っても修理費用が異なるのは仕方がないのかもしれません。高い修理費用を払っても、仕上がりが完璧で傷があった形跡が一切残っていなければ、トラブルが起きることは少ないかと思われます。ですが素人目から見て仕上がりに満足がいかなければ、高い修理費用を払う気にはなれません。
修理費用の見積もりの際に高い修理費用を請求された場合は、「傷は跡形もなく消すことができるのか」、「日数が経ってまた傷が現れることがないのか」等、仕上がりに関してしっかり話し合うことが必要です。

ケース2 ― 費用に関しては納得しているが満足のいく修理を行ってもらえなかった

この場合、費用に関しては納得している為、トラブルとして挙がるよりも泣き寝入りしてしまうことがほとんどかもしれません。また、修理に満足がいくまで比較的安いところに何度も修理に出し、トータルでみると結局高い修理費用がかかってしまった・・といったことがあり、ケース1のトラブルへと繋がります。
「安いから」という安易な理由で修理先を決めてしまうと、仕上がりに思わぬ不満を招いてしまうかもしれないので注意が必要です。

ケース3 ― 満足のいく修理だったが、修理費用が高すぎる

少しの修理でも板金塗装の修理費用は一般的に高額です。高い費用がかかるのは仕方ない・・と思う人がほとんどでしょうが、修理費用に関して明確ではありません。それでもあまりに高すぎる費用を請求された場合、仕上がりにどれだけ満足していてもトラブルになるケースがあります。費用が高いと感じた場合は、見積もりの際に「この修理過程は本当に必要なのか」、「手数料がかかっていないか」等、しっかり説明してもらい納得するようにしましょう。

まとめ

専門的な知識と技術が必要な板金塗装。「この傷でこんなに大掛かりな作業工程が必要なの!?」、「この職人さんの腕はどれ程のものなのか」等、素人からすると疑問がいっぱいです。トラブルを回避する為には、修理前に業者としっかり話し合うことが必須です。依頼側はほとんど素人になるかと思うので、話し合いの中で職人さんへ失礼な質問をしてしまうかもしれません。ですが後でトラブルになった方がお互い嫌な気持ちになってしまいます。納得のいく話し合いができないのであれば、修理前に工場を替えてしまった方が無難です。