小さな傷ならDIYで自分で板金塗装!

小さな傷ならDIYで自分で板金塗装!

2015/10/13

100円均一等のグッズを利用したDIYが女性の間で流行しています。 DIYとは、「Do It Yourself.」の略で、「自分でやろう」という意味です。 広く捉えると、日曜大工もDIYにあたります。 職人さんが行う板金塗装も、ちょっとしたことならDIYでできてしまいます。
車好きの人の間でも、板金塗装DIYが流行しつつあります。

板金塗装DIYに必要なもの

女性の間で流行しているDIYでも、 電動ドライバーや電動ドリルといった本格的な工具を使用する人がいるぐらいです。 電動ノコギリ等かなり危険な工具も、DIYで使用されていて当たり前の時代となっています。 板金塗装DIYの場合、本格的な工具を使用する場合は職人さんにお任せするのが正解です。 自分でできる範囲の板金塗装であれば、

  • ・傷をなめらかにするサンドペーパー
  • ・塗装しない部分を隠すマスキングテープ
  • ・ヘコミを取るパテ
  • ・下地の役割を果たす塗料となるサフェーサー
  • ・汚れや油を落とすシリコンオフ
  • ・ボディカラーと同じ塗料
  • ・艶出し塗料のクリア
  • ・塗料が乾いた後に磨く為のコンパウンド

といったものが必要になってきます。 最低限用意するものが多いように思えますが、 これらは工具とまでいかないので各工程はそこまで危険ではありません。 板金塗装で職人さんに依頼すれば数万円かかりますが、 自分で板金塗装DIYすれば用意するものを一から揃えても案外安く済みます。

板金塗装DIYの手順

いざ自分で板金塗装しようと思っても、どうすれば良いか分からない人がほとんどだと思います。 どんなことでも、どうすれば分からない場合はインターネットで調べるのが一番です。 板金塗装DIYをしている人は結構多く、写真付きで手順の説明を書いてくれていたり、 動画を載せてくれているホームページがたくさんあります。 小さなすり傷の修復方法であれば手順に大差はないので、 いくつかのサイトを見ればなんとなく理解できると思います。

板金塗装DIYで気をつけること

自分でできるといっても、 技術を持っていない人が板金塗装を依頼した場合のように完璧に仕上げることは恐らく不可能です。 気に入らず何度もやり直し傷が余計ひどくなったという失敗は、板金塗装DIYでよくある失敗です。 傷がひどくなってしまい、結局板金塗装で修理を依頼することになってしまった・・という声もあります。 趣味程度に修理過程を楽しめるようでなければ、板金塗装DIYはおすすめできません。 また、板金塗装DIYで気をつけることといえば、塗料の色です。 同じ色だと思っても、実際に車体に塗って乾いて見たら微妙に色が違っていた・・という話がよくあります。 色が違う部分があれば、修理したのが丸分かりです。 塗料を購入する際は、店員さんにアドバイスをもらうくらい気をつましょう。
小さな傷であればすぐ直せるだろうと思いがちですが、 板金塗装DIYするのであれば丸一日掛かる覚悟でいたほうがいいです。 ひとつひとつの工程がそこまで難しくないように思えても、修理の対象は何十万円以上もする車です。 愛車の為に、時間をかけて慎重にり板金塗装DIYしてあげましょう。