板金塗装業者の料金の違いとは

板金塗装業者の料金の違いとは

2015/08/07

板金塗装業者によって料金に違いがあるのは、板金塗装の修理をどの程度までするかということが違うからです。
全国的にチェーン展開し、ネットでの見積もりや修理依頼ができる会社に加盟している板金塗装の修理工場では、修復する部分を細かく分けて料金を設定していて、オプションの条件や料金も明確に表示されています。
個人でやっている修理工場では、車の状態と、依頼する側の希望に合わせてどのような修理をするかを検討し、それに合わせた修理の料金の見積もりが出されます。

板金塗装業者の料金の違いとはシステムの違い?

最も高額な料金がかかってしまうのは、ディーラーを通して受注する板金塗装業者です。 これはディーラーへの仲買手数料が含まれているためです。
また、ネット展開している会社に加入している板金塗装業者は、その会社に登録料を支払っているので、その分料金が割高になります。
従って、個人でやっている板金塗装業者がもっと低料金で修理できるということになるのですが、実はそれ以外にも違いがあります。

板金塗装業者の料金の違いとは業者の取り組み方の違い?

≪高額な見積もりを出してくる板金塗装業者≫

どのようなシステムのもとで仕事をしている板金塗装業者であっても、仕事の内容、作業の進め方がシステムの違いによって均一という訳ではありません。
板金塗装業者の中で最も高額な料金がかかる種類の業者は、修理よりもパーツ交換を勧めてくる、損傷した個所に塗装ではなく、全体の塗装を勧めてくるといった業者です。
特に輸入車の場合は、交換部品が高額なので、修理可能な部品まで交換されてしまうと、あっという間に修理費が高額になってしまいます。
金額についての希望を伝えない、完璧な仕上げを要求するというような依頼の仕方をすると、このような勧められ方をすることになってしまうことがあります。

≪修理料金を低額に抑えてくれる板金塗装業者≫

反対に依頼する際に、低額で修理をしたいということを伝えると、料金が低額になるような修理をしてくれる板金塗装業者もいます。
低額に料金を抑えている板金塗装業者の中には、様々な工夫をして安く抑えてくれる業者と仕上がりが雑な業者がいます。
良心的な板金塗装業が、料金を良くする為にしている工夫は、できるだけパーツ交換をせず、修理する、どうしても交換する必要がある時はリサイクルパーツを使う、塗装作業の仕上がりのグレードを専門家が見なければわからない程度に下げるというようなことがあります。
ただ、仕上がりのグレードという点に関して、安く仕上げて欲しいので見た目にはこだわらないというような雑な依頼の仕方をしてしまうと、安かったけれど、仕上がりに満足できなかったというような結果になってしまいます。

板金塗装業者の料金の違いが出る理由

板金塗装業者の料金の違いが出る理由には、依頼する側の依頼の仕方があいまいであるということが考えられます。
板金塗装の仕上がりには、専門家から見れば何段階もの仕上がりがあり、素人目から見ると、きれいに仕上がっている、雑な仕上がりであるの2段階しかありません。
専門家から見て完璧な仕上がりでなくても、素人目から見て十分にきれいな仕上がりになっていることが、依頼する側の満足度につながるのですが、どの段階か素人には解らないものです。
この程度の料金であれば、このような仕上がりということを丁寧に説明してくれる業者が良心的な板金塗装業者だとも言えます。
依頼する側も、修理を依頼する際に、どの程度の仕上がりを求めているかということと、できるだけ低料金に抑えて欲しいということをしっかり伝えることが、料金の違いに反映されます。