修理に出すときによくある失敗

修理に出すときによくある失敗

2015/08/07

車をぶつけたりこすったりしてしまい、修理に出したものの、満足のいく結果が得られなかった、失敗したと感じたことのある方は、少なからずいらっしゃるようです。
失敗したと感じるような結果になってしまった原因には、悪質な修理業者に依頼してしまったというようなこともわずかながらありますが、多くの場合は、依頼する際の話し合い不足によるものです。

きれいにはなったけれどこんなに費用がかかるとは…

破損した個所はまるで何もなかったかのように修復され、新車のようにきれいになり、仕上がりには大満足なのだが、思ったより高額な費用がかかってしまったというような失敗があります。
これは、依頼する際に、どの程度まで修復してほしいのかということをはっきり伝えなかったということが原因です。
修理には、仕上がりのグレードがあり、専門家の視点から見ても完璧である仕上がりから、素人目にはきれいな仕上がりで、日常使うには差支えの無い仕上がりまで、どこまでやるかという仕上がりの段階があるのです。
修理を依頼する時点で、きれいにはしたいけれど、予算に限りがあるので完璧な仕上がりにはこだわらないということを伝えると、修理をする側が、仕上がり具合についていくつかの提案をしてくれますので、予算に応じて最適だと思われる仕上がり具合にしてもらうことで、金額的に失敗することはかなり減らすことができます。
反対に、予算を抑えてとはお願いしたけれど、ここまで雑な仕上がりでは、修理した意味がないというようなことも防げますので、この金額であればこの程度の仕上がりということを十分説明してもらい、納得のいく修理方法で修理してもらうことが大切です。

部品交換を勧められたので交換してもらったけれど高額な修理料金になってしまった…

破損がひどく、修理をすることが不可能な場合、部品交換をしなくてはなりません。
その様な場合に、修理料金を抑えたければ、リサイクルパーツを使ってもらうということで修理の料金を抑えることができます。
新しい部品が良いだろうと判断されて、自動的に新しい部品に付け替えられてしまうこともありますので、部品交換が必要ですということを告げられた時点で、予算を抑えたいのでリサイクルパーツを使ってくださいと伝えることが大切です。
*輸入車の場合は、リサイクルパーツが使えないのでどうしても割高になってしまいますが、修理業者によっては、他の業者が部品交換しかないというような部品を修理してくれる場合もあります。

自動車保険がおりなかった、保険はおりたが、保険料があがってしまった

自動車保険に加入していると、車の修理費を補償してもらえますが、保険会社に連絡する前に修理に出してしまうと、保険がおりなくなってしまいます。
反対に、補償はしてもらえたものの、その後の等級が下がってしまい、保険料が上がってしまったということもあります。
車の破損状態によっては、保険で修理しない方が総合的に見て安くなる場合もありますし、破損がひどく補償が必要なのに手順を間違えたせいで保険がおりないということもありますので、日頃から保険の内容や補償の為の条件、等級などを把握しておくことが大切です。

修理で失敗しない為に確認しておくこと

車をへこませたり、傷をつけたりしてしまうと、ショックも受けますし、早く直さなくては…!と気が急いてしまうので、後悔するような修理の依頼の仕方をしてしまいがちです。 その様なことにならないよう、修理の前には①破損の度合いと保険の条件を比較検討し、保険を使うか使わないかを検討する ②現状の破損状態にかかる修理費用の相場を調べる ③どの程度の予算が使えるかを算出し、相場より低ければ、予算を抑えた修理をしてもらえるように依頼する、その際にはどうやって予算を抑える方法があるかということの説明を受け、納得のいくまで修理をする業者と話し合いをするという3つの事を確認してから修理の依頼をしましょう。